省エネ生活|災害に強い家を建てたいなら昭栄建設にお任せ

災害に強い家を建てたいなら昭栄建設にお任せ

一軒家

省エネ生活

男性と女性

最初に設定

消費税が増税される前に、大阪で注文住宅を購入しようと考えている人は多いようです。大阪の建売り物件と違い、注文住宅では多くの事を自分で決めることが出来ます。大阪市内の場所に始まり、間取りや外観、こだわりの空間や自分の部屋など自分たちのアイデアが満載の家作りが出来るのです。せっかく注文住宅を建てるなら、分譲では出来ない家作りをしてみるのはどうでしょう。とくに最近では省エネの家作りが注目されています。最初の設計時点から、光熱費のかからない家作りをコンセプトにしておくと、省エネを実現できるのです。最近流行りの断熱材の使用はもちろん、隙間をなくして断熱材で熱を遮断する事でさらに気密性を高めるのが効果的です。

いろんな工夫

通常壁から部屋の中に入ってくる熱は、建物全体の7%程度と言われていますが、窓から入ってくる熱は65%程とかなりの熱が窓から入ってくるのです。通常だと、窓部分は断熱材を入れていないので、窓自体を断熱背に優れた製品を選ぶと良いのです。遮断性のあるガラス、サッシも樹脂製を採用することで遮断性能を整えていきます。ほかにも西側には大きな窓を作らないようにするなど、工夫していくと良いでしょう。他にもオール電化にして、太陽光発電を最初からつけておくと、より省エネ生活を送ることが出来ます。このようにせっかく大阪で注文住宅を建てるなら、建てる時しか出来ないことを念頭に家作りをしてみるのも良いでしょう。長く住むからこそ、注文住宅の良さを発揮した家作りをしたいものです。